2010年3月17日水曜日

ビールが美味しい季節。



ここ数日はコートがいらないくらいぽっかぽかで、桜の蕾もぷっくり膨らんで、いよいよ春ですね。



私の家の近所は桜並木が毎年本当に見事なので、今から本当に楽しみです。





楽器を吹いていて、最近実感することなのですが、全てがうまく行く時って決まって「際」が見通せてる時のような気がします。



二つの相反する要素がぶつかり合うところに浮力みたいなエネルギーが存在していて、そこを読めてる時って、自分が特に何かをしようとしなくても体と感覚が勝手にやってくれるような感じがします。そうして、そういう感覚があるときに感じるのは、自分は単なる入れ物に過ぎないし、それが当たり前で一番いいなんだなーっていう漠然としていて根拠はないけど、絶対的な安心感みたいなもの。



こういうことって前々からたまに思っていたのですが、最近はっきりそう感じることが多いです。



早く桜咲かないかなー。。